登録部材

■登録部材とは

光触媒製品のうち、製品の使用状態がJIS試験法で想定している状態とは異なるものや、部材として使われる中間製品であっても、光触媒工業会の定める基準に適合したものを「登録部材」として認めています。光触媒工業会が、性能、利用方法等が適切であることを認めた光触媒製品に与えるPIAJ認証とは異なりマーク表示は認めていませんが、一定の性能を有する製品として登録し情報公開しています。信頼性のある光触媒製品をより広く普及させる目的で、 2012年度からこの制度の運用を開始しています。

例えば、空気清浄機用フィルター材のように、他の部材や装置と組み合わせることによって最終性能が発揮されたり、必ずしもJIS試験法で想定する緩やかな空気の流れの中で使用されるものではない場合、部材として光触媒工業会の基準を満たしていれば登録部材に該当します。

なお、登録部材は光触媒の発現する性能と安全性が基準に適合したことを示したものであり、光触媒以外の性能や安全性を保証するものではありません。


ページの先頭に戻る ↑

詳細カテゴリーナビゲーションリンク

登録部材